ドラマ

【ドラマ】Get Readyのタイトルの意味とは?英語が示す意味が話題に!日曜劇場

2023年1月スタートの日曜劇場「Get Ready!」。

この「ゲットレディ」という英語のタイトルの意味はなんなのでしょうか。

ドラマの中でも印象的な場面で使われる「Get Ready!」の意味を調査しました。

【GetReady】決め台詞がダサいと話題にw仮面もセンスがないし俳優の無駄使いとの声も2023年1月スタートの日曜劇場「 GetReady!」。 主演の妻夫木総さんがカッコいいと話題ですが、決めゼリフがダサいとの声も。 ...

【ドラマ】Get Ready!の意味は準備しろ

引用:mantan-web.jp

2023年1月スタートの日曜劇場「Get Ready!」。

このタイトル、英語なのでどんな意味なのか気になりますよね。

Googleで翻訳すると「Get Ready」の直訳はこちらです。

単語だけだとコチラ。

Ready=準備

これにGetがつくと、命令形となり「準備しろ」となるワケです。

今回のドラマでは、妻夫木聡さんが手術の前に発言しているので、

(手術の)準備をしろ

という意味だと考えて良いでしょう。

ただ、場合によっては「覚悟しろ」と訳される場合もあるようです。

【ゲットレディ】覚悟しろの意味も

「覚悟しろ」とも訳せる「Get Ready!」

エース、妻夫木聡さんは腕の良い医師ですが、闇医者です。

日曜劇場というコトで、何らかの社会悪と対峙する役目があるように感じられます。

(引用:twitter)

権力者に敵意を持っているようですし、タイトルには「覚悟しろ」の意味も含まれるのかもしれません。

【ゲットレディ】なぜ英語?理由4つを考察

不思議なのは、なぜわざわざ英語なのかというコトですよね。

「手術の準備をしろ」

ではダメなんでしょうか?

わざわざ英語で「Get Ready!」と言う理由4つを考察しました。

  1. オペが英語で行われるから。
  2. エースの意志で手術がスタートするから
  3. タイトルとしておさまりがいいから
  4. 覚悟しろという意味もあるから

1:オペは英語で行われるから

(引用:twitter)

妻夫木聡さんが「Get Ready!」と言った後、オペも英語で行われています。

ですので「Get Ready!」もオペ用語の1つなのかもしれません。

2:手術するかはエース(妻夫木聡)が決定

引用:news.yahoo.co.jp

手術を行うかどうかは妻夫木聡さんが「生きる価値がある」と判断した方のみです。

「Get Ready!」はエースによる決定宣言であり、そのため印象的な言葉が使われているのでしょう。

3:タイトルとしておさまりが良い

もし仮にタイトルが日本語だと「準備しろ」となります。

妻夫木聡さんの決めゼリフでもある「Get Ready!」の方がおさまりが良いですよね。

ドラマの雰囲気ともマッチします。

4:覚悟しろの意味もあるから

Get Ready!は「覚悟しろ」とも訳せます。

闇組織なので、警察とも敵対しています。

視聴者にタイトルの意味を考えてもらうという意図もあるのかもしれませんね。

まとめ

日曜劇場「Get Ready!」の意味について調査しました。

とても印象的で気になる言葉なので、気になりますよね。