ドラマ

【大病院占拠】原作は実話だった?モデルは岡山の病院立てこもり事件との声も!?

2023年1月スタートドラマ「大病院占領」。

鬼のお面をかぶった武装集団が病院を占拠する、という設定です。

ドラマはオリジナルストーリーですが、モデルとなった実話はあるのか調査しました。

【大病院占領】ドラマは実話がモデル?

引用:ntv.co.jp

ドラマ「大病院占領」では、日本が誇る大病院「異星界病院」が武装集団に占領されます。

ドラマはオリジナルで原作はありません。

しかし、過去に日本や海外で似たような事件も起こっており、こういったモノがモデルとなっている可能性もあります。

ちなみに似たような事件はこちら。

  1. 岡山の病院で立てこもり
  2. ロシア軍がウクライナの病院を占拠

順番にご紹介していきます。

1:岡山の病院で立てこもり事件

引用:twitter

2014年7月9日に、岡山県の「福井病院」で立てこもり事件が起きています。

兵庫県警の捜査員に任意同行を求められた入院中の吉岡進容疑者(52)が拳銃(けんじゅう)を持って病室に立てこもり、その後自殺した

引用:iza.ne.jp/

こちらの事件は入院中だった犯人が拳銃を所持しており、逮捕されまいと立てこもったようです。

当時、病院内には職員や入院患者が60人がいましたが全員避難し、無事でした。

病院のような場所で、拳銃を持って立てこもりなどされると非常に迷惑ですよね。

また、海外でも病院が占領されるという事態が発生しています。

2:ロシア軍がウクライナの病院を占拠

(引用:yomiuri.co.jp)

戦争での出来事ですが、2022年3月にロシア軍がウクライナのマリウポリの病院を占拠。

 ロシア軍は患者や医療スタッフ400人を人質にとり、さらに病院の建物の中から攻撃を行っているということです。

(引用:nhk.or.jp2022年3月16日)

占拠された病院は、重症者の集中治療を手がけていたのだとか。

戦争となると占拠の目的は違う気がしますが、病院で患者が400人も人質になったのは事実です。

こちらは続報がないので、この病院のその後については不明です。

患者を人質にサイバー攻撃

日本では立てこもり以外に、武装集団による病院占拠という事例は無いようです。

ただ、2021年と2022年に病院がサイバー攻撃により患者を人質にとられた事も。

医療機関の保有する診療データ等を全て暗号化して閲覧不能とたうえで「データを元に戻して欲しければ多額の費用(身代金)を支払え。言うことを聞かなければ機密データを公開するぞ」などと脅す

引用:gemmed.ghc-j.com/

武装集団でなくても、大勢の患者を人質にとることが出来る時代になったようです。

【大病院占拠】似ている漫画や映画はコチラ

引用:ntv.co.jp

ドラマ「大病院占拠」には原作はありません。

ただ、似ている漫画や映画があるのでご紹介します。

【大病院占拠】漫画ブラックジャックに似ている場面も

引用:google.com/

漫画「ブラックジャック」の91話で、1975年に発表された「病院ジャック」がこちら。

引用:akitashoten.co.jp/

ブラックジャックが「金満病院」で手術中にテロリストが乱入、手術中止を命じ、病院の電源を爆破するというストーリーです。

もはや古典とも言える漫画ですが、占拠するやり方など、非常に似ている気がします。

【大病院占拠】似ている映画も

映画化された小説「仮面病棟」も人質64名を盾に病院に立てこもるストーリーです。

引用:cinra.net

仮面や病院などのシチュエーションは似ているかもしれません。

まとめ

過去には実際に病院での立てこもり事件も起きており、海外でも大病院の占拠は実際に起きています。

ドラマ「大病院占拠」での占拠の目的は何なのか気になりますね。

【大病院占拠】界星堂病院のロケ地はどこ?高崎市総合保健センターや平塚市民病院が撮影場所!画像2023年1月スタートドラマ「大病院占拠」。 舞台となる「界星堂病院」の撮影場所は、複数あると言われています。 ドラマ「大病院占拠」...