番組

【2021】ナスDの無人島ロケ地はどこ?フィッシャーズの撮影場所も!大冒険TV

2021年12月29日放送の「無人島で2泊3日0円生活」。

「ナスD大冒険TV」のスペシャル版で4組のチャレンジャーが無人島での生活に挑戦します。

それぞれの無人島のロケ地は一体どこなのか調査しました。

【2021】無人島でのロケに挑むのはこちらの4組

  1. フィッシャーズ(YouTuber集団)
  2. 井上咲楽(タレント)
  3. 西村瑞樹(バイきんぐ)
  4. ナスD(テレビプロデューサー)

番組では、4組の無人島での生活を、サバイバルの専門家がガッツや知識、工夫の仕方など5つの項目で審査します。

最も高得点を獲得した1チームには、初代サバイバルキングの称号が与えられます。

【2021】フィッシャーズのロケ地はトカラ列島?

(引用元:post.tv-asahi.co.jp)

ロケ地は調査中です。

一部の噂ではトカラ列島の島では?とも言われているようです。

理由としてはフィッシャーズが過去に「失われし秘宝」の動画の撮影でトカラ列島に訪れているからのようです。

ちなみにトカラ列島には12の島があり、そのうち5つは無人島です。

無人島:臥蛇島・小臥蛇島・小島・横当島・上ノ根島

【2021】井上咲楽の無人島のロケ地はどこ?

井上咲楽さんは、ネット販売の最安値グッズで無人島生活というミッションに挑戦します。

ロケ地については、調査中です。

井上咲楽さんは、2019年にも虫の力だけで3泊4日 伊豆大島を歩いて1周という企画に挑戦しています

すごくカワイイのにたくましいですね。

【2021】バイきんぐ・西村瑞樹の無人島はどこ?

(画像引用:realsound.jp)

バイきんぐ西村瑞樹さんは、3つの島をハシゴします。

  1. 調査中
  2. 調査中
  3. 沖ノ島(鹿児島)

3つ目の島については、大量の野生のサルが住みつく「沖ノ島(猿島)」のようです。

理由としては、2021年のABEMAプレミアムの企画で西村瑞樹さんが「無人島0円生活体験」で3つの島を訪れているからです。

同じ内容なら、最後に西村瑞樹さんは猿島(沖ノ島)を訪れている事が判明しています。

ロケ地:沖ノ島(鹿児島)の場所はこちら

鹿児島県いちき串木野市羽島

沖ノ島は標高79.7m、周囲約1.5kmの無人島です。

島にはヤクシマザルが約30匹ほど生息していて、海上保安部の職員が3ヶ月に1度餌を与えているのだとか。

元々、旧串木野市が観光目的で飼育していた猿が凶暴化したため、この島に移されたという経緯があるようです。

【2021】ナスDの無人島のロケ地はどこ?

(画像引用:realsound.jp)

過去最強の無人島でたった一人で2泊3日のロケに挑むナスD。

無人島でもロケは3回目という事です。

  1. 1回目:「いきなり!黄金伝説」(2017年)
  2. 2回目:鮫島(2018年)
  3. 3回目:草垣郡島・上の島(2021年)

2021年に挑戦する無人島の名前は草垣郡島上ノ島だと思われます。

なすDさんは2021年4月から、You Tubeでひとりぼっちの無人島生活の動画を公開していて行き先が判明しました。

(画像引用:ナスDYou Tube)

ロケ地:草島群島の場所はこちら

鹿児島県南さつま市笠沙町片浦 上ノ島町

草垣群島の中でも灯台があるのは上ノ島になります。

鹿児島県南さつま市笠沙町片浦 上ノ島町

【ナスD】動画はこちら

ナスDさんは知識も豊富、行動力や体力も凄いですね。

まとめ

便利な生活が当たり前な私達は、あえてサバイバル生活に挑む事はありませんが、皆さんたくましくて本当に凄いと関心してしまいますね。