ドラマ

【日本沈没】ナレーションはいらない!?ニュースか副音声みたいで変!違和感が凄いの声も

2021年10月スタートの日曜劇場「日本沈没」。

原作は1973年の小松左京のSFで、今までにも映画やドラマ化されています。

しかし、2021年のドラマ化ではナレーションに違和感があり、いらないとの声もあるようです。

ナレーションについての感想をまとめてみました。

【日本沈没】ナレーションが変!いらないの声も

(引用元:TBS)

日曜劇場「日本沈没」は、ナレーションが変だからいらないとの声が多くあるようです。

「日本沈没」のナレーションが変だと感じるのはどうしてなのでしょうか。

【日本沈没】ナレーションが副音声みたいの声も

(引用元:TBS)

ナレーションが副音声のようで、浮いていると感じる方が多いようです。

確かに「副音声」みたいだと言われると納得しますね。

【日本沈没】ナレーションがニュースみたいで違和感

また、ナレーションがニュースのようで違和感があるとの声も多数です。

ナレーションを担当しているのはキャスターのホラン千秋さんです。

そのせいでニュースのように聞こえるのかもしれませんね。

【日本沈没】ナレーションはホラン千秋

(引用元:goetheweb.jp)

「日本沈没」のナレーションを担当しているのは、Nスタのキャスターでもあるホラン千秋さんです。

プロデューサーの東仲恵吾さんが、

視聴者が作品をより楽しめるように、とNスタで丁寧に優しくニュースを伝えてくれるホラン千秋さんに

と、お願いしたのだそう。

ナレーション撮りの際には監督も

すごく良いです!

と思わず感嘆したのだとか。

しかし、声が素敵でも、違和感がどうしても拭えないと感じる方も多いようです。

そもそも、ナレーション自体が必要ないとの意見も多くみられました。

まとめ

確かに「日本沈没」ではナレーションがなんとも不自然で浮いている印象があります。

ホラン千秋さん自身は素敵な方で、応援している方も多いので、ちょっと残念ですね。